2015年1月7日水曜日

とりいそぎ今年の目標

2015年どうしたいか考えてみました。

・自分から誘う
・思いついたらすぐやる
・なにかすてきなものをつくる




よろしくおねがいします。

2015年1月1日木曜日

2015年!

あけましておめでとうございます。
ことしもよろしくおねがいします。


---
もっと誘ってくぞ。

2014年12月31日水曜日

ありがとう2014年

2014年もありがとうございました。


結婚した!
30歳になった!

という年でした。

メモや写真を一つひとつ振り返ってみると
「あれ、これも今年だったっけ?」ということがたくさんあります。
ずっと前のことのような気もしている。
なんか早かったです。



2014年、選んだこと選ばなかったこと、そのどちらでもないこと、
よかったこともわるかったこともある。
いったんゼロになったりふりだしに戻ったりすることはなく
ぜんぶそのままで、2015年が始まります。

でも年だけは新しくなる。
新しい年にします。

2014年2月15日土曜日

まわる

まわりつづけるということ。

-----
GIFアニメをつくりたくてまずは試しにやってみた。
絵を描いたのはPaintbrush、動かしたのはGIFfunというフリーソフト。
MacBook Airについてるトラックパッドをさわってそろそろと描いた。
なにかちょっとした道具がほしい。

2014年1月4日土曜日

あけました2014!


あけましておめでとうございます。
2014年は、ますますよろしくお願いいたします。ますます。

2014年1月1日水曜日

2013年をふりかえる(センスにとりつかれた12月)



「ツイッターおもしろくないね」と言われたのが地味に効いてる。

髪がもじゃもじゃしてきた。天パの神よ、しずまりたまえ!
自分がモテないのは天パだからではないかと思っていた時期もありました。

横断歩道を渡っていたらタクシーにクラクション鳴らされた。ただそれだけのこと。そんなちいさなことをいつまでもひきずってしまう。

「いないとこまる」と言われたのがうれしい(都合のいいところだけ切りとる)。

いないところで「あいつは男だから話しやすい」的なことを言われていたらしく、うれしい。なんでもいいから好かれたいよ。

「●●さん(わたし)は出世しますよ。そんな感じがします」と先輩に言われたのがめっちゃうれしかった……。


昨日の小説講座おもしろかった。無視できない小説。無視できない、っていいな。ノートを見直したら「ほかのひとがほめられるのがつらい」と自分の心の声のメモがあって、書いてもいないくせに何を言ってるんだわたしは、とうなだれている。

今日は昼まで寝て、録画してたドラマをいくつか消化して、カフェ・マングローブでタイ料理をいっぱい食べた。あと契約に行った。考えてみたらサインしたのは人生で今のところいちばん高い買い物ってことになる。

羽田空港なう。今日はこれから那覇経由で宮古島に行く。


かっこいいなと思っていたひとに会ったので「ファンです」と言ったら「どうすればいいの?ホテルの部屋番号おしえればいいの?」と返ってきて笑った。大人おもしろい。

今日は仕事が終わってから友達と会ってきた。かわいいふたりに、かわいいタンクが満たされた。久しぶりに会えてうれしい。

なんのためになんのためになんのために。そういうことを考えない、自分の魂をそっと抜いて挑むような、ただ機械になるようなことも時には必要だ。と自分に言いきかせる。

男性が細身のずぼん穿いてるのいいな。コートの下からのびる細い脚。

足らないことばっかりだ。

会社の飲み会だった。巨大だった。わたしはうまくしゃべれなくて、なんだかうっすらと、かなしかった。

ミスるかもしれない、なんて思いながらサーブを打つと、だいたいミスる。そういう負の気分が雨雲みたいに覆ってこようとしてて、だめだこれでは、と振り払おうとしている。
くよくよしてないできっちりやろう。

某日、友達が家に来てくれた。宮古島で買ってきた泡盛を飲みに。何もなかったので鯖缶を温めた。あと鍋をした。wiiでマリオカートをやった。

電車で近くの女子が「あのクリエイター好きのくそ女」と言ってておっかない。
クリエイティブな男子はモテるよ。しょうがないよ。

五反田に急ぐ。
ハカセさんを囲む会に行ってきた。おなじみのみなさんで安心した。たのしかった。

昨日おいしいビールを飲みに行ったんだけど、途中からよっぱらってしまってあんまりおぼえていない。29歳でこのあやうさ何……。朝起きて戦慄した。

イライラしててめっちゃ書きたいことがあるけどたぶんめっちゃ差し障りのあることしか書けないからがまんする。降りてこいリテラシー!

たぶんみんなそろそろ「よいお年を」なんて言い出すんだろう。さみしい。もう年内は会えないんですか。

iPhone5sに機種変更した。

昼に会ってみたかったひととちょっとした会食があるので、服装をはりきりそうになったが、いやいや、はりきってる感じが伝わるとはずかしいぞ、と悩んだ挙げ句、へんにカジュアルになってしまった。逆走。

駅ですごく脚のきれいな女の子を見かけて、見えなくなるまで目で追ってしまった。赤いタイツをはいていた。

神保町で飲んで、会社に戻って今日やってしまいたかったことをやっぱりやって、なう。終電に間に合ってうれしい。
今日ゆるやかに飲んでたのしかったな。アリなのかナシなのか、いけるのかいけないのか、白なのか黒なのか。そういうグレーな恋愛の話って、聞いてておもしろい。
恋の話がしたい。

終電を逃してこれからどうする?っていうふわっとしたひとときに名前をつけたい。吹いてた風が止んだみたいな、一瞬しんとなるような、ふしぎな緊張感がある。

朝から思いがけず大物に会って心臓が止まりそうになった。

今日のメモには「圧倒的センス」と書いてあった。
あたりまえなんだけどセンスのそばにいるだけでは全然だめだ。自分は自分で勝負しないと。
「無視できない小説」って「無視できないひと」が書くから無視できないんじゃないか。大事なのはだれが書くかなんだろう。

“あとはなんらかの悪魔の力が”

あの子に会いに中野へ向かう。天気がいい。
中野で飲んでる。なおさんが“自分の事ばかりで情けなくなるよ”をテーマにカクテルをオーダー。飲んで一言、「後悔の味がする……」。
わたしは「センス」でカクテルをオーダー。ダークラムのあまくてにがい味がする。
中野たのしかった。定食屋でごはん食べてカラオケでクリープハイプ歌って中野ブロードウェイ案内してもらってホームセンターをさまよっておいしいバーでごはん食べてベローチェでお茶した。フルコース!
ベローチェで、このところひとりでへこんでたことの正体が少し見えてきた。自分が何にへこんでいるのか、よくわかっていなかった。好きなひととの会話で自分を知ることってある。

センスはつくれる。センスのそばにいるのも大事なことで、それで磨かれるものでもある。
あなたの近くに行きたいんだ、とか。あなたに憶えておいてほしいんだ、とか。あなたのようになりたいんだ、とか。それでもいいじゃないか。

センスセンスうるさいなわたし。

ああもう!ほんとにいいって思ったものにしかいいって言わないよわたしは!好きなものにしか好きって言わない!(問いかけてきた自分に自分で答える)

地下鉄の中で、“僕は時代のものじゃなくて あなたのものになりたいんだ” っていう歌詞に涙しそうになる。星野源の「くだらないの中に」。

銀座松屋の屋上のスケートリンク「恋するアイス」に行ってきた。すべるのめっちゃこわかった。


今日は帝国劇場『JOHNNYS' 2020 WORLD』というものに連れていってもらう。ジャニーズの舞台初めてでドキドキ。
帝国劇場でみた「JOHNNYS' 2020 WORLD」が刺激的すぎて混乱している。あんなのみたことないよ!なんの脈絡もなく物語が展開されるし、物語の構造とかもつかめないし、考えてもなんにもわからない。おもしろかった。
わかったのは、“ショー マスト ゴー オン”ということ。
舞台に水があふれ、キャストが宙を舞い回転し、次々に切り替わっていく映像、光、巨大な舞台装置、目の前のものにびっくりし通しだった。大勢の男の子たちが歌って踊って演じていた。“ジュニアマンション”と呼ばれるセットの中では66人ものダンサーが踊っていて圧巻だった。

底冷え。

美容室帰りの友達に漫画を返してそのままいっしょにごはん食べてきた。すごい好きな髪型だったのですごい見てしまった。

ぜったいに手に入らないものほど、ほしくなる。ほしがってる状態が自分は好きなようだからちょうどいいのかもしれない。

センス!嫉妬の口あたり舌ざわり喉ごしを確かめるような日々だ。熱くて苦みがある。

好きなひとの好きなものをどんなに好きになっても、決してそのひとにはなれないってことをわたしはよく知っている。

朝まで飲んでしまった……。電車で帰っている。あたたかい。
早朝の帰り道ひとりになったら、自分の髪に煙草の匂いがついていることに気づいた。そうした瞬間にせつなくなる女もいるのだろう。

友達といっしょに住んでる、と公言していたことについて「うそついてたな」と言われたけど、少しもうそはついていない。「最高の友達といっしょに住んでるんです」と説明したら「なにその言い方きもちわるい、鳥肌立った」と笑われた。

原宿にてファミレス女史会に参加してきた。たのしかった。ほくほく。




二子玉川へ向かう。今日は友達とそのベイビーに会いに行く。
友達の赤ちゃんにはじめまして。ぷくぷくしててかわいかった。

脳天がしびれるような恋の話を聞かせてほしい。

このままどんどんふやけておもしろくない話ばかりしてしまいそうだ。

今日はワンデーコンタクトを半年分購入して、半年後はわたしどうしているんだろうかと妙に不安になったりしていた。

ほっそい男の子になって、チャラチャラしたい。
ほっそい男の子になって、女の子にモテまくりたい。


大晦日に初めて地元にいない。


***

漫画『あそびあい』/新田章を読んだ。帯に「いろんな人とHするのが悪いだなんて、誰が決めたんだろ?」とある。自分の欲望と快楽に正直すぎる女の子の話。しかも地味な普通っぽい子。こういう子、現実にもいるんだろうか……。いたら話してみたい。

漫画『潔く柔く』/いくえみ綾、13巻までいっきに読んだ。すっごくよかった。胸がどきどきしたり、きゅううっとしたり、した。

小説『デビクロくんの恋と魔法』/中村航を読んで、なんだかとてつもなくしあわせな気持ちになった。やさしくて温かいものにじわじわと包まれていくみたいな。デビクロ通信のことば一つひとつに心が動いた。
『デビクロくんの恋と魔法』には、わたしがいま住んでいる恵比寿も働いている竹橋も出てきて、そんな偶然にも、にやにやしてしまう。ミラクル!
好きなミュージシャンの新譜を初めて聴くときみたいに、好きな小説家の新作を読むときは、少し、緊張する。期待が大きすぎて。期待の大小は自分でコントロールできない。

“決断し、集中し、待ち、スイングする!それだけのこと。だけど恋は……恋は練習できない/デビクロ通信”(『デビクロくんの恋と魔法』)

“好きな人に告白したりとかそんなことは 当たり前にやらなきゃならない キスとかそういうことも、 さりげなくこなさなきゃならない 守れるものの総量は、とても限られているのだから/デビクロ通信”(『デビクロくんの恋と魔法』)

“そこはお前の戦場であって、家じゃない。GHQといっても、連合国軍総司令部じゃない。Go Home Quickly!帰るべき場所に直ちに帰るんだ!/デビクロ通信”(『デビクロくんの恋と魔法』)

漫画『めめんと森』/ふみふみこを読んだ。葬儀社でバイトする女の子と、その教育係の話。帯にあった「首をしめてください」「そこはふつうだきしめてって言うとこだろ」が気になって買ってしまった。

漫画『&』/おかざき真里の7巻を読んだ。感情がかきみだされるなあ。ふっきれたところいい。「ありがとう あんたがサイテーな男で本当によかった」にぐっときた。サイテーな男に恋するサイコーな女がわたしは大好きだよ。

漫画『うきわ』/野村宗弘の1巻を読んだ。友達以上、不倫未満。配偶者に不倫される者どうしの男女の恋の話。じめじめしてて、なんかこわいと思った。言いたいなら言えばいいのに。哀れなのってなんかずるい。

2013年をふりかえる(11月はスーツを着て京都へ)


金曜日の夜はダーツバーに友達と集まってレモンねじこんだコロナビール片手に騒ぐ、みたいな感じにはなれそうもない。

雑誌の街角スナップや恋愛観インタビューのようなものにカップルででているひとを見ると勝手に心配になる。いつか別れるかもしれないのに。余計なお世話だけど。

早稲田大学の学祭にきた。「恋愛反省会」というトークイベントを聞きにきたが、満席で入れなかった。近くを通った女子高生たちがポスターを見て「なにこれ、反省するもなにも!ぎゃはは」と大ウケしていた。
学祭の人波にのまれて泣きそうになったけど、お友達とお茶して救われた。
そうだ、わたしほめられたかったんだわ!と思い出した。ほめられるためにやったほうがいいことを考えよう。

駅前の白洋舎が安いのか高いのかよくわからない。もういい大人なのにクリーニングの相場感も知らない。

ファミレス女史会たのしかった!
完全徹夜したけどあっという間だった。


今日は超かわいい友達といっしょに下北沢のおしゃれイラスト展、古民家カフェ、渋谷の映画館、新宿の花園神社の酉の市を巡った。東京すごい。ジェットコースターみたいな一日だった。

花園神社の酉の市、ギラギラしていた。



見世物小屋に入った。ゴキブリコンビナートによるものでびっくりした。ショッキングすぎてかたまった……。

恋愛テクだなんだといいますが、天然にまさるものはないんだと思いました。

文学フリマにきた。流通センター。
文学フリマの収穫。花園magagine vol.3、少年コレクションvol.1、2、ひんやりデブ原稿日記~夏とアニメとマリッジブルー~、つきぬけ6、inner-clique、ビックシシュー6号。
文学フリマで買った本のひとつを読み始めて、ぎょっとするくらい(ちょっとこの言い方は変なんだけど)いいのがあって、なんかそわそわしている。これはたいへんなことになったぞ、みたいな。

最近のよっぱらいぐあいを反省している。先日飲みながら同じことを5回くらい言っていたと同僚に指摘された(しかもおぼえてない)。昨日はトイレで見た自分の顔がひどかった。目は充血し、頬の肉がだらしなく弛緩していた。

ピンポンマムという名前の花がおもしろいので買ってきた。

神保町に「人生劇場」という名前のパチンコ店がある。

骨抜きにされるとはこういうことなのか。
湧き出る泉のように、次々と何かつくり出すひとと接すると、なんだか少し恐ろしくなるよ。
自分がありふれた存在であることを思い知る。もうとっくに知ってたけど。だからそこからどうするんだ、と自分をふるい立たせるしかない。
他人についてこんなに考えることはそうないかもしれない。

「伴侶」っていいことばだなあと思って類語を調べてみた。相棒、片棒、共同作業者、つれ合い、仲間、傍え、協力者、パートナー、同行、旅の道連れ、同伴者、道連れ、道づれ、僚、交友、お供、連れ、仲間、相手、同士、ベターハーフ、配偶者、パートナー、良い人、恋人、ダーリン

LINEで送られてきた結婚式の余興の写真に笑っている。30年後の設定で、サイボーグを作り出したっていう寸劇の様子。タイムマシーンで1分前に戻って何回も乾杯する、みたいな感じだったらしい。なんだそれは。

「おれ一度クリアしたゲームはもうやらないんだ」……っていう、恋愛の話をしているときに聞いた台詞を思い出した。しびれる。最低で最高だ。

打算だけで生きられない。

ちゃんとした場所にきったないスリッポン履いてきてしまって後悔している。近くのおねえさんの黒いエナメルのピンヒールがつやつやしている。

リップクリームをぬる男の子を見ていたい。深緑色の。メンソールの、すうすうするの。

それぜったい脈アリですって、っていっぱい言う派。恋せよボーイズアンドガールズ!

このあいだ飲んだ席で「わたしみんなに恋愛してほしいんですよね!」と謎の立ち場からのせりふを放ったけれど、恋愛なんてできればしないほうがいいのかもしれない。しないならしないにこしたことはないけど、それでもしてしまうから、しょうがないからうまくやりましょう、という話ならわかる。

ものすごくよっぱらっている。高田馬場。きれいな女の子とお酒を飲んでへろへろになってる。こんなに肯定されることってある⁉ しあわせすぎる。
自分が何も持たないから、センスのあるひとには敏感なんだ。センスのあるひとを愛している。焦がれるくらい。

美人じゃない 魔法もない バカな君が好きさ、と言われたい。

いま左手の小指の爪にちいさいプラチナがついている。白金。Pt。20億年前の隕石の衝突で出現したプラチナ。採掘量が有史以来6,000トンしかないプラチナ。

新幹線なう。スーツ着て京都に向かう。


























***

「言っとくけど小説を書くことは超絶はずかしいことですからね。でもはずかしくないような小説なら書かないほうがいい」


 ほめられたい、好きになってほしい。誰にたのまれたわけでもないのに自分が何か書こうとするのはつまりそういうことなんだろう。

電車の中で前髪が長めの男子をじっと見ている。前髪いいよ前髪。

年末調整の書類を提出してきた。いよいよ年末が近づいてきた。

「個人的に忘年会しませんか」のお誘いをじっと待っている。

職場のとなりの席の女の子がハンドクリームをぬるたびにとてつもなくいい匂いがして、くらくらきている。

卓球のピン球にはスリースターっていう三ツ星印の公式球があるんだけど、通常のワンスターと比べて、より球に近い、精度が高い、と知ってちょっと興奮したんだよね。

女の子の爪先のマニキュアが剥げているのを見ると、なんかちょっとぐっとくる。

東京といえば渋谷、って感じがする。生まれて初めて野生のネズミを見たのも渋谷だった。

友達の具体的な力になりたい。

ハミガキでいうと、ひとの家でぐずぐず飲んでみんながそこらへんの床にころがって寝てるような明け方に、ひとり正しくハミガキしてる男子の姿になんかぐっときたのをおぼえている。

昨日は近所で鶏を食べながら少し飲んだ。よっぱらって大きな声でおっさんdisを繰り返すわたしもまたおっさんのようだった。センスのないひとdisをするわたしこそ完全にセンスがなかった。はずかしい。

今日は仕事になってしまったので少し行ってくる。勤労感謝の日yeah
11月23日は特別な日だ。いいにいさんの日なんだ。8年前、21歳のわたしがいいにいさんに会った日でもある。

恵比寿で、結婚している男子、結婚したばかりの男子、これから結婚する男子と飲んだ。結婚とは。おもしろかった。
ビールばっかり飲んでると、前の会社のビール一択の先輩のことを思い出す。

恵比寿ガーデンプレイスのバカラのシャンデリア、今年も。




洗濯してごはんを炊いてシャンプーをつめかえてたら昼になっていた。

メールの返事がきてて、うわっ、となってメールボックスをとじた。おそるおそるひらいてまた、ぱっ、ととじる。瞬間的に目にした字があたまの底にゆっくりと落ちていく。うれしい。

有名になりそうだったり特別なセンスがあったりする友達に、友情とはべつの動機ですり寄ろうとする。そんな自分を目撃することがある。待て、たとえどんなに近づいても、そのひとはわたしをどこへも連れていってはくれないぞ、ともうひとりの自分が叫ぶ。

帰る前に化粧直ししてすみません!直しっていうかはじめからやってすみません!これからデートなんです!同性と遊ぶのもデートとか言っちゃうめんどくさい女ですみません!

あなたのことばかり考えている、のマイルドな言い方を探している。
あなたの言語感覚を愛している、のマイルドな言い方を探している。

雨と風がすごかった。こんなの久しぶりだ。
まったく飲んでないのに気分が高揚している。

池袋で今はバラバラの同期4人でごはん食べてきた。みんないい女だ。変わったところも変わってないところも最高だ。
いつでも会えると思ってたらいつまでも会えないままだな。

せっかく名古屋に来たけどくたびれてしまったのでもう帰る。新幹線のホームできしめん食べた。

今日は名刺の裏に携帯番号を書いてひとに渡すという完全にイケメンな行動をしてしまった。

もうけっこうな大人なので、不意に“ちゃん付け”で呼ばれるとドキッとする。

ごちそうしてもらうのも、ごちそうしてもらいそうになって断るのも、いまだにうまくできない。スマートなお支払いには女の子のスマートおごられ術も必要な気がする。

六本木でイルミネーション見てきた。




***

漫画『椿荘101号室』/ウラモトユウコの1巻を読んだ。集合住宅もの。コミカルでかわいい。同棲していた彼氏に別れを切り出されて部屋を出ていく無職女性の話。主人公がだめすぎてイライラするくらいだけど、まわりにきびしくされたりやさしくされたりして暮らすところにほっこりする。

漫画『姉の結婚』/西炯子の6巻が出ていたので買って読んだ。恋愛がうまくいっていないパターンはひとそれぞれいろいろあるけれど、たぶん求められないというのがいちばんといってもいい大きな関門であって、うまくいってなくても、誰かに求められているというのはそれだけですごいことだと思う。

漫画『私の彼は仕事ができない』/山田可南の1巻を読んだ。彼氏が自分の職場(書店)に転職してきて部下になる話。ただただいらいらする……。このシチュエーションにぐっとくるひといるのかなあ。

漫画『今日も渋谷のはじっこで』/平尾アウリを読んだ。渋谷を舞台にした8人のオムニバス。モテないオタクの女の子の話とひとを見下しがちなアパレル店員の話は、なんかわかる、という感じだった。

DVDで映画『舟を編む』をみた。いい話だった……。“ことばの意味を知りたいとは、だれかの考えや気持ちを正確に知りたいということです。それは人とつながりたいという願望ではないでしょうか。”

自由律俳句と散文と写真の本『カキフライが無いなら来なかった』/せきしろ 又吉直樹を読んだ。このごろ主に電車の中で読んでいたのを今日読み終えた。日常にある可笑しさがさりげなく詠まれていて、おもしろい。「まだ何かに選ばれることを期待している」の句に胸がざわついた。

『ニシノユキヒコの恋と冒険』みたいなたくさんのひとと恋をする話が好きだ。漫画の『I"s』とか。女性なら『婚前特急』『パーティーは終わった』とかかな。

そういえばこのあいだDVDで映画『今日、恋をはじめます』をみた。松坂桃李と武井咲の。わたしが高校生だったらぐっときてたんだろうか……。

そういえばこのあいだDVDで映画『つやのよる ある愛に関わった、女たちの物語』をみた。妻の不貞と、男と、その女たちの話。暗かった。

DVDで映画『恋に至る病』をみた。男女の性器が入れ替わる話。ぜんぜんわからなかった。わからない……。